ヒフの日

天気による体調の変化

 

天気による体調の変化

今年は夏の雨量が大変多く、冬も暖冬にも関わらず豪雪になると予想されています。

天気の変化が体調にも影響し、それによる頭痛や肩凝りなどの体調不良を抱える日本人は1,000万人以上。

そして、その7割以上が女性だと言われています。

 

あなたは大丈夫?天気と身体の関係

A・B・Cのうち当てはまる項目が多いものがあなたのタイプ。

チェックしてみましょう。

 

 

天気による不調には自律神経が大きく関係しているため、副交感神経を優位に働かせ、乱れを整えるケアがおすすめです。

 

天気による不調を防ぐおすすめ対策

副交感神経のスイッチをONに!

身体を温めることで自律神経をコントロール

身体が温まると血行が良くなり、筋肉の緊張がほぐれてリラックス効果があります。

シャワーだけでは済まされず肩までしっかりお風呂に浸かり、背中や首の血行をよくしましょう

耳の周りをほぐすのも効果的です。

 

幸せホルモン”セロトニン”を増やす

ビタミンDを積極的に摂取

日照時間が短くなると幸せホルモン”セロトニン”が減少し、睡眠や精神面に影響します。

冬は日照時間も短く、低気圧も通過するため、日光を浴びることで作られるビタミンDを食事などから補うのがおすすめです

以上の対策を取り入れて、冬の気候にも負けない身体づくりを行いましょう。

 

スキンケアアドバイザー

血行が悪いと天気による体調の変化は悪化しやすいと言われています。

身体が冷えやすくなる季節は特に、身体の温めなどを週間づけましょう。

-ヒフの日

Copyright© EBM , 2022 All Rights Reserved.