EBMレター

EBMレター

油断大敵!秋のスキンケアもしっかりと

少し暑さも和らぎ、過ごしやすい日も増えてきました。

秋は、夏や冬ほど肌のトラブルを感じない方も多いため、夏の紫外線対策や冬の乾燥対策と比べると、毎日のスキンケアに手を抜きがちです。

しかし、実はこの時季のスキンケアはとても重要なのです。

 

秋の肌トラブルの主な原因

紫外線

紫外線量は夏よりも下がってきますが、まだまだ注意が必要です。

例年、9月はまだ日差しが強く暑い日も多いので、秋も夏に引き続きUVクリームを塗ったり、日傘や帽子などを使うなどして紫外線対策を行いましょう。

 

夏のダメージによる乾燥

夏の間、日焼け止めや日傘などでガードしていても、肌は紫外線によるダメージを少なからず受けてしまっています。

自分で思っている以上に、肌が紫外線のダメージを受けて乾燥していることも少なくありません。

紫外線による肌ダメージを放っておくと、肌のバリア機能が弱ってしまっているため、冬の乾燥のトラブルを招きやすくなります。

秋はたっぷり保湿し、夏に受けた肌ダメージをリセットして冬の乾燥に備えましょう。

また、シミや日焼け跡が気になる方は、美白効果の期待できる美容成分をスキンケアに取り入れていきましょう。

 

秋の花粉

花粉によるトラブルは春のイメージが強いですが、実は秋も花粉によるトラブルが出やすい時季です。

特に夏に受けたダメージをそのままにしていた肌はバリア機能が弱くなっているため、普段は気にならない花粉の刺激でも肌トラブルが出てしまう可能性があります。

・秋の花粉…ブタクサ、ヨモギ、カナムグラなど花粉の飛散時期や量については地域、年によって変わってきますが、8月〜10月頃が飛散時期と言われています。

このように秋は、紫外線、乾燥、花粉とあらゆる肌トラブルが起きる可能性がある時季です。

さらに最近は、常にマスクを着けていることで摩擦や蒸れなど肌への負担が多く、特に刺激を受けやすい状態になっています。

今の時季から丁寧なスキンケアを毎日行うことが大切です。

スキンケアでは、肌のトラブルに悩まされないために、肌の「バリア機能アップ」を意識してみましょう。

 

肌のバリア機能

皮膚は、紫外線や乾燥、雑菌、ほこりなどの外部の刺激から身体を守り、肌の水分が必要以上に蒸発することも防いでいます。

この、自分の肌を守る「バリア機能」は、肌にうるおいがある状態(「うるおいの3要素」が十分な状態)で維持されます。

そのため、「うるおいの3要素」である、

  1. 皮脂
  2. 天然保湿因子(=NMF)
  3. 角質細胞間脂質(主にセラミド)

のうち1つでも減少・低下すると、肌のバリア機能が弱まってしまいます。

秋の肌はバリア機能が弱まり敏感になっている可能性が高いので、毎日のスキンケアではなるべく刺激を与えないように、また、肌が本来持っているバリア機能を高めていくように心がけましょう。

 

毎日のスキンケア

毎日のスキンケアでは、肌にたっぷりとうるおいを補給することを心がけましょう。

うるおいを保持するヒアルロン酸やセラミドをスキンケアに取り入れるのもおすすめです。

この時季にスキンケアをしっかりと行い、保湿が充分にできていると、冬になった際に肌の乾燥も軽減されますので、秋も気を抜かずに美肌を目指してケアしていきましょう♪

-EBMレター

Copyright© EBM , 2022 All Rights Reserved.