EBMレター

EBMレター

夏バテに要注意!

暦の上ではもう秋ですが、暑い日が続き、身体の不調や疲れを感じる方も多いのではないでしょうか。

夏バテは、暑さによる自律神経系の乱れが関係していると言われています。

自律神経は、「交感神経」と「副交感神経」があり、そのバランスが身体にとって良い状態になるように調整されています。

主に内臓や血液の流れなどに働きかけ、自分の意思とは関係なく無意識のうちに働いている神経で、とてもデリケートです。

 

自律神経が乱れる要因

1.生活リズムの乱れ

交感神経は脳や身体が活発に活動しているときによく働き、副交感神経は休息しているときによく働きます。

しかし、通常だと交感神経は昼間、副交感神経は夜に働くべきところを、夜更かしして活動時間が深夜にずれ込むような不規則な生活を続けていると、休息すべき時間帯に休息できず、自律神経はバランスを崩しやすくなります。

 

2.ストレス

暑さでストレスが溜まりイライラしたり、激しい感情の起伏も自律神経に影響を及ぼします。

常にストレスが溜まった状態でなくても、ストレスだと感じることが頻繁に繰り返されると自律神経はバランスを崩しやすくなります。

 

3.自律神経の過労

今の時季に特に気を付けたいのが自律神経の過労です。

夏は、冷房の効いた室内と暑い屋外への出入りが増え、頻繁に体温調節や発汗の調節を行うことになります。

その分自律神経がたくさん働き過労状態になり、バランスが崩れやすくなるのです。

つまり、夏は暑さによるストレスや疲れだけでなく、自律神経が過労状態になりバランスを崩しやすい季節なのです。

自律神経の乱れを整えるには、規則正しい生活を心がけることが大切です。

睡眠不足や寝過ぎは良くないので、できるだけ寝る時間と起きる時間を毎日同じにするように意識しましょう。

また、「半身浴」と「深呼吸」も自律神経の乱れを整えるのにおすすめです。

半身浴でリラックスした時間を過ごしながら身体を温めることで血流を良くし、寝つきが良くなると言われています。

好きな香りの入浴剤やアロマを入れることで、さらにリラックス効果がアップします。

時間が無く忙しい方は、深呼吸で手軽にリラックス。

深く息を吸い、ゆっくりと深く吐くことで気持ちが落ち着きます。

暑い日が続きますが、規則正しい生活を心がけ、夏を元気に乗り切りましょう♪

-EBMレター

Copyright© EBM , 2022 All Rights Reserved.