EBMレター

EBMレター

腸内美人で夏風邪予防&免疫力アップ♪

暑い日が続くと、夏バテや冷房による冷え等で、体調不良の方が増えてきます。

外と室内との気温差によって、身体が体温を調節しにくくなり、免疫力が下がりやすくなるためと言われています。

また、冷たい飲み物や食べ物ばかり摂取していると、身体の冷えだけではなく、腸などの内臓も冷えてしまいます。

手足などは冷えていなくても、お腹が冷たくなっている方は要注意!内臓が冷えてしまっているかもしれません。

「内臓の冷え」は、血行が悪く、内臓に十分な血液が届いていない状態で、「内臓型冷え性」とも言われています。

内臓の温度は1度低下すると約30%も免疫力が低下すると言われているほど、免疫力との関係が深いと考えられています。

 

免疫力は身体を守る力

免疫力とは細菌やウイルスなどから自分の身体を守る力のことです。

異物が身体に入ってきた際に身体の外に出そうと戦ってくれます。

通常、口や鼻に入ってきた細菌は粘液や唾液でブロックされて体外へ出され、皮膚や粘膜を通り抜けてしまった場合は胃液でブロックされます。

さらに奥に入ってきてしまった際は、腸内の免疫機能が細菌の排除のために働いてくれます。

腸内には免疫細胞が多く存在しています。

私たちの身体は、口から胃、腸へと続く構造になっているため、腸には食べ物等摂取したもの以外に、細菌やウイルス等も入ってきてしまいます。

腸は外界から入ってきてしまった異物の侵入を食い止める大切な役割もあるのです。

そのため、腸内の環境を整えること、つまり腸に存在する細菌やウイルス等と戦う細胞の力を強くすることが、『免疫力』を高めるためには重要です。

 

「温める」&食生活の改善で免疫力UP!

忙しくてついついコンビニ弁当が多くなってしまう方、外食が多い方、欧米化した食生活になってしまっている方は腸の環境が乱れていることが多いので要注意です。

良質なタンパク質、ミネラル、ビタミンなどのバランスの良い食生活が理想的です。

また、納豆や味噌などの発酵食品は腸の環境を整えるのに良いと言われていますので積極的に摂取していきましょう。

また、冷えも大敵ですので身体を温める食べ物を取り入れていきましょう。

身体を温めると言われている根菜類を具にしたお味噌汁がオススメ♪

海藻やきのこも腸内環境を整える食物繊維が豊富なのでオススメです!

バランスの良い食生活は日々の積み重ねが大切ですので、毎日少しずつお味噌汁で腸内環境に良い食材を取り入れていきましょう。

バランスの良い食事と血行を促進をして、夏風邪をひきにくい身体を目指しましょう!

-EBMレター

Copyright© EBM , 2022 All Rights Reserved.