EBMレター

EBMレター

夏のお疲れ肌…美肌の大敵『クマ』対策

毎日暑い日が続き、この時季は暑くて眠れない方や、何度も目が覚めてしまって睡眠の質が悪いという方が多くいらっしゃいます。

寝不足でクマが気になる方もいらっしゃると思いますが、睡眠不足だけがクマの最大の原因ではないということはご存知でしょうか。

実は睡眠不足という要因は、既にできてしまったクマを目立たせているに過ぎないとも言われています。

 

クマの原因とクマの種類

目の下のクマの原因の多くは『血行不良』です。

眼球の周りは、多くの毛細血管が通っています。

また目の周りの皮膚は薄いため、血行が悪くなるとクマが目立ってきてしまいます。

睡眠不足は血行不良になる要因の一つでもありますので、睡眠不足で普段よりもクマが目立って見えてしまうのです。

特に夏は、熱帯夜で睡眠不足になりやすいだけでなく、冷房による冷え、暑さからくるストレスによって血行不良を起こしやすく、更に紫外線を浴びたり汗をかいたりと、肌に対する刺激が増えるため、一層クマが目立ちやすくなると言われています。

クマは「青クマ」、「茶クマ」、「黒クマ」の3種類に分けられます。

 

青クマ

青クマは皮膚の下の静脈の色が青く見えるクマのため、皮膚を引っ張っても動きません。

 

<原因>血行不良

睡眠不足、疲れやストレス、冷えなどで血行が悪い状態。

ホルモンバランスの乱れ、喫煙などが関係していることも。

またパソコンやスマートフォンなどの使用頻度が増え、目を酷使している人が多いので、目の疲れからくる血行不良も挙げられます。

 

対策

目の周りの血行不良は眼輪筋の動きの悪さが大きく影響しています。

眼輪筋とは、目の周りのドーナツ状の筋肉で、瞬きをするために必要な筋肉です。

血行促進のために、目元のマッサージをして眼輪筋をほぐしてあげましょう。

また、睡眠を十分にとり、冷房の効き過ぎや冷たい飲み物・食べ物の摂り過ぎで身体を冷やさないように注意することが大切です。

 

茶クマ

茶クマは、色素沈着によるクマのため、皮膚が引っ張られると、クマも一緒に動きます。

 

<原因>色素沈着

目の周りをこすったりするなどの摩擦によって起こる、色素沈着が茶クマの原因の一つ。

まぶたの皮膚は薄く、皮脂腺も少ないため乾燥しやすく、他の皮膚よりも刺激に敏感なところです。

強烈な紫外線を浴びた刺激でも色素沈着は起こりやすくなります。

また、落としきれていないアイメイクが色素沈着の原因となることもあるので要注意です!

 

対策

色素沈着したクマには、美白のお手入れが効果的です。

ただし、一度色素沈着してしまったところは、長い時間をかけて美白ケアを継続的に行うことが重要です。

普段からしっかりUVケアをすること、汗をかいても優しく拭き取るなど摩擦による負担をかけ過ぎないように気を付けましょう。

 

黒クマ

黒クマは、下まぶたのたるみが主な原因のため、上を向いた時に薄くなります。

 

<原因>たるみ、皮膚のくぼみ

シワやむくみ、たるみや老化によってハリのない状態の黒クマ。

栄養不足の状態でもできやすくなります。

夏にベタつくことを避けて、クリームを使わない等、お手入れを簡単にし過ぎるのは要注意です。

 

対策
不足している栄養を補うようなお手入れを、重点的に行いましょう。
ただでさえ乾燥しやすい目元には、コラーゲンやヒアルロン酸などで弾力アップ、保湿ケアも大切です。

 

自宅で簡単にできるクマのケア

すべてのクマに共通するポイントは、「血行促進」です。

目元のマッサージをしたり、ホットタオルで温めたり、血行を促進するのが効果的。

マッサージのポイントは、『優しく行うこと』です。

アイクリームなどで滑りを良くし、力を入れ過ぎず、薬指で『優しくなぞるように』行いましょう。

強い力で摩擦してしまうと、茶クマの原因にもなりますので要注意です!

また、目の周りの血行だけを良くするのではなく、全身の血行を良くすることも大切です。

夏は、シャワーだけで済ませる方も多いと思いますが、冷房で慢性的に身体も冷えやすいので、全身を温めるために半身浴なども週に2~3回行ってみてください。

マッサージが面倒な時は、アイクリームを塗ってからホットタオルを目の上にのせ、温めるのもオススメです。

また、喫煙は血行不良の原因の一つでもあるので、禁煙もクマの予防になります。

最近は常にマスクをしていることで、目元の印象は顔の印象を決めることになる大事なパーツ。

目元のケアで、夏の疲れを感じさせない美肌を目指しましょう!!

-EBMレター

Copyright© EBM , 2022 All Rights Reserved.