EBMレター

EBMレター

夏のメイク崩れ対策はスキンケアが重要!

これから暑くなってくると、汗や皮脂、そして乾燥で、メイクが崩れやすくなります。

綺麗にファンデーションを仕上げても、時間が経つとTゾーンがテカったり、よれたり、落ちてしまったり…。

さらに、今年は一日中マスクをしていることで、マスク内部が蒸れたりすることも多く、メイクがよれやすくなることにお悩みの方も少なくないのではないでしょうか。

メイクが崩れる最大の原因は皮脂だと言われています。

特に夏場は皮脂を抑えようとしがちですが、皮脂を取り過ぎてしまうと肌が水分不足だと感じ、余分に皮脂が分泌されてしまいます。

また、エアコンは季節を問わず空気中の水分を奪い、肌を乾燥させます。

乾燥している肌はファンデーションの密着力が落ち、メイクが崩れやすくなります。

 

メイク前のスキンケアでメイクを崩れにくく!

メイクの崩れを防ぐためには、しっかりとしたスキンケアが大切になります。

スキンケアで肌の土台をきちんと整えておけば、メイクが崩れにくくなります。

 

化粧水でしっかり保湿する

化粧崩れは乾燥によっても引き起こされます。夏場は冷房で乾燥しやすいので、化粧水をパッティングしながらしっかりつけましょう。

また、オイリー肌の人は気になる部分を収れん化粧水でパッティングすると効果的と言われています。

 

乳液やクリームをきちんと使いましょう

化粧が崩れるからと乳液やクリームを使わないと、乾燥してしまいます。乳液やクリームのあとはティッシュオフ。このひと手間でベースメイクが長持ちします。

『Tゾーンのメイクが崩れやすい』という場合は、頬とTゾーンで保湿クリームの塗る量を調整してみてください。

 

気になるところは化粧水パック

特に乾燥が気になる目元・口元は、スキンケアの際にコットンに化粧水をしみこませたものをパックして保湿します。アイクリームなどを使うのも有効です。

 

メイク前に肌を冷やす

冷やしたタオルや保冷剤をハンカチでくるんだものを、肌に軽く当て冷やすことで、毛穴が引き締まり、メイクが崩れにくくなります。

 

油分はティッシュペーパーでオフ

余分な油分を取り除くとき、油取り紙を使うと必要な油分まで取り過ぎて、肌が乾燥してしまうことがあります。

皮脂を取る際には油取り紙ではなくティッシュペーパーを使うのがおすすめです。必要な皮脂を取り過ぎずに過剰な皮脂を抑えてくれます。

二枚重ねのティッシュペーパーを一枚はがして使い、擦らずに優しく押さえるようにして皮脂を取りましょう。

 

普段のスキンケアも見直しましょう

乾燥対策には優しい洗顔とたっぷりの保湿♪

皮脂が気になるからと、洗浄力の強い洗顔料で必要以上に洗顔してしまうことがあります。

しかし洗浄力の強い洗顔料は、必要以上に皮脂を取り過ぎてしまうので、肌を潤わせるため皮脂が過剰に分泌し毛穴に詰まりやすくなり、メイク崩れの原因にもなるといった悪循環となってしまいます。

優しい洗浄成分の洗顔料に変えたり、洗顔方法を見直しましょう。

洗顔料はしっかり泡立てて、肌を強く擦らずに優しく洗い、洗顔料を肌に残さないよう、しっかり洗い流しましょう。

また化粧水は基本的に水分なのでこれだけではすぐに蒸発し、乾燥してしまいます。

化粧水をつけた後は乳液やクリーム、ゲルなどで潤いを逃がさないようなケアを行いましょう。

夏は汗や皮脂、乾燥でメイクが崩れやすいですが、少しの工夫と普段のスキンケアでメイクも崩れにくい肌を目指しましょう♪

-EBMレター

Copyright© EBM , 2022 All Rights Reserved.